25番 経路の設計

経路の設計 【学科25番は安全運転の知識として知っておいて欲しい内容です】
もちろん学科試験の範囲ですが、ほとんど常識問題だと思います
ざっと目を通して練習問題で確認ください
経路設計
目的地までのルートが分からないまま出発してしまえば、道を捜すのに脇見をしたりノロノロ運転になるため、危険を見逃したり正常な交通の流れを乱して他の交通に危険を与えたりすることになる

経路設計の手順
①地図で現在位置と目的地を確認
②目的地までの経路をいくつか考え、右左折の回数や経路の分かりやすさなどから経路を決定
③地図に蛍光ペンなどで決定ルートを書き込む
④右左折する交差点の名称や目印となる施設などを確認
⑤目的地までの距離と所要時間を計算し、出発時間などを決定する

実際に走行するときの注意
①案内標識を活用する
②ラジオ・カーナビなどで交通情報を調べる
③もし、迷ってしまったら早めに停車して復帰する方法を考える
④復帰するときには、Uターン・スイッチターン・迂回路などを行うので安全確認を確実にする
試験には出ていないと思いますが豆知識

やってみよう練習問題へ

前の課題へ  次の課題へ
このページのトップへ